rokkonet

PC・Androidソフトウェア・アプリの開発・使い方に関するメモ

Android StudioのプロジェクトをBitbucketにSSHで接続してバージョン管理する

2021 Jul. 12.
2021 Jun. 17.

出典
Android StudioとBitbucketを使ったGitHub flowの流れ - Qiita
How to connect Android Studio with Bitbucket Git repository across multiple computers - Speeli

コマンドラインにて

次のページにしたがって、BitbucketにSSHで接続できるようにする

BitbucketへのSSH認証導入 - rokkonet

Bitbucketページにて

Android Studioプロジェクトを保管するリポジトリを作る

リポジトリ作成時に、"Include .gitignore?"を"No"とする。

Yesとして.gitignoreを作成すると、リポジトリ作成時にcommitされ、Android Studioからの"git push"時にエラーとなる。

作成したリポジトリSSH接続URLを取得する

リポジトリのトップページで「クローンの作成」をクリックし、(HTTPSモードではなく)SSHモードとし、"git@bitbucket.org:.....git"の文字列を、後で使えるように、クリップボードにコピーする、あるいは、どこかに書き留める。

Android Studioにて

Gitでのバージョン管理に設定

メニュー -> VCS -> Enable Version Control Integration -> Git

BitbucketにBitbucketユーザー名と登録メールアドレスを送る

How to connect Android Studio with Bitbucket Git repository across multiple computers - Speeli より)
Click on the terminal panel to open the terminal of the Android Studio, then add the following commands with your information:

git config --global user.name ‘YOUR NAME’
git config --global user.email ‘YOUR EMAIL’

BitbucketのSSH接続URLをAndroid Studioに設定する

メニュー -> VCS -> Git -> Remotes -> URL欄に上記で取得したリポジトリSSH接続アドレスを記入する。Name欄はoriginとする。

Android StudioのTerminalでプロジェクトをBitBucketリポジトリにadd・commit・pushする

git add --all
git commit -m "First Commit."
git push -u origin master


利用

プロジェクトのBitbucketへのadd・commit・push

Add: メニュー -> VCS -> Git -> +Add
Commit: メニュー -> VCS -> Commit -> コメント記述 -> Commit
Push: メニュー -> VCS -> Git -> Push

Bitbucketにリポジトリを作成した時に".gitignore"を作った場合、その時点のcommitにより、Android Studioからのpushが失敗する。
その場合、Android StudioのTerminalにて.gitignoreを別名にし、fetch、mergeを行う。

cd プロジェクトのルートディレクトリ
mv .gitignore .gitignore.studioOriginal
git fetch origin master
git merge FETCH_HEAD

Android StudioのTerminalでのgit add/commit/push

下記のように手動で行った方が、上記の操作よりもaddが確実に思われる

git add -A
git commit -am "My commit"
git push origin master